トップへ戻る

名古屋市・愛知県の薬剤師転職なら 〜仕事の違いについて〜

同じ薬剤師でも職場のタイプにより仕事内容が違うこともあります。

 

今回は調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業に勤める薬剤師がそれぞれどのような仕事をしているのかまとめたいと思います。

調剤薬局

主な勤務内容

・調剤業務
患者の方のために、病院など医療機関の医師が出す処方箋をもとに薬を調剤します。

 

・服薬指導
患者の方に、薬の効能・服用方法・保管方法を説明したり、患者の方の健康状態に応じて、病気の予防に有効な薬の情報などを提供する業務です。
また実際に服薬した患者さんから情報を集め、副作用・薬の効き目・安全性などの情報を医療機関に提供する業務も行います。

 

・薬歴の管理
患者さんの薬の服用履歴を管理する業務です。

 

代表的な名古屋(愛知)の調剤薬局

キョーワ薬局、コスモス調剤薬局

 

ドラッグストア

主な業務内容

・調剤業務

 

・OTC販売
お客様の症状などを聞き、そのお客様にあった商品を紹介します。また商品の正しい服用法のアドバイスなどを行います。
処方箋などはなく、お客様と話し合って商品をおすすめするので、コミュニケーション能力も必要になってきます。

 

代表的な名古屋(愛知)のドラッグストア

ドラッグスギヤマ、スギ薬局、マツモトキヨシ、アマノドラッグ

 

病院

主な業務内容

・調剤業務
調剤薬局やドラッグストアと違う点は、医師や看護師と共に、入院患者の方の症状や顔をみながら、調剤をする点です

 

・製剤業務
病院での治療に必要な、発売されていない薬を造る業務です。

 

・治験業務
製薬会社と協力し、新しい薬を開発する業務です。

 

・薬品管理業務
多くの医薬品を扱う病院において、必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように管理する業務です。

 

・院内の感染対策

 

代表的な名古屋(愛知)の病院

愛知医科大学病院、名古屋大学付属病院、名古屋市立大学付属病院、名古屋医療センター

 

企業

主な業務内容

・管理業務
医薬品を所持する企業において、適切な方法で医薬品の管理を行います。

 

・DI業務
自社の医薬品に関する問い合わせへの対応やFAQの作成、マーケティング・開発の戦略立案時の情報提供等を行います。

 

・臨床開発業務
臨床開発際に、施設の選定・契約・モニタリングなどといった業務や、症例報告書のチェック・回収、終了手続き等を行います。

 

・治験業務
新しい薬の開発に関わる業務で、患者の症例登録やその後のサポートなども行います。

 

 

代表的な名古屋(愛知)の企業

エーザイ、大正製薬、協和発酵キリンなど

 

 

 

まとめると、どのタイプの職場にも違いはありますが、共通した業務もあるようです。

 

転職の際も今の業界に縛られるのではなく、広い視野を持って転職先を探すことで、自分の新たな可能性を見つけることが出来るかもしれません。


 
TOP おすすめ薬剤師転職サイト 転職サイトを利用する理由 薬剤師の年収アップの方法 人気急上昇?派遣薬剤師とは?